Loading

コーポレート

株式会社プライサー 2018年度Q3四半期会議レポート

あけましておめでとうございます。
ディレクターチームのコージーです。

昨年末12月27日。最終出勤日、プライサー全スタッフが愛媛本社に一同に集結。今年度の目標への進捗状況・課題の共有などを目的とした四半期会議が開催されました。



3カ月に一度とはいえ、愛媛・東京と普段は別々の場所で働くスタッフ総勢33名が集まると、こんなにたくさんの仲間と一緒に働いているんだなぁとあらためて実感。今後を見据えるうえで、頼もしさすら覚えました。

 

チームリーダーの報告



まずは専務の河野さんによる開会のあいさつ。普段は陽気なおちゃらけ専務もこの日ばかりは神妙な面持ち。

プライサーは、開発、インフラ、デザイナー、ディレクター、東京、総務と6つのチームで構成されています。会議では、各チームのリーダーがこの四半期の実績と、来期にむけての取り組みや課題などを発表していきます。



今回は、チームの体制変更や、チーム間の連携についての報告・議論が多く交わされました。少人数なら「なんとなく」でまかり通ってきたことが、会社が大きくなり人が増えるにつれ、諸問題が生まれます。とくに当社の場合、ここ1、2年で急激に人員が増加し、それに伴う組織・体制整備が一部追い付つかなかったりと、急成長する企業ならではの歪が生じています。

どうしてもネガティブになりがちな諸問題をポジティブに受け止め、どうしたら良くなるのかを“全員”で考える。今のプライサーに、四半期会議は、とても重要な機会になっていると感じています。

 

代表の話



代表の石津さんからは、会社の組織再編と人事評価制度等について説明がありました。
ここでは詳しくお話しできませんが、今後プライサーがさらに大きな企業になっていくための方針と戦略がスタッフに共有されました。
話の合間に「言ってることわかります?」と、スタッフ全員がしっかりと理解できているか確認をしながら話を進めるスタンスが、プライサーらしいなと思ったり。

逆にスタッフからは「私たちはどこに向かっているのか?」、「スタッフはどうあるべきか?」、「行動指針となるようなものが欲しい!」といった質問・要望があり、最終的には企業理念や10ヵ条のようなものを作成するということが決定しました。

「みなさんのやりたいことをかなえるのが僕の仕事だと思っています。自分はこういうものを作りたい! というものを明確に持って欲しい。そして、まわりをどんどん巻き込んで、進めてほしい。そのためのサポートはしっかりします」

フラットな組織であること。個を重んじること。確立しつつあるプライサー・スタイルが凝縮された代表のメッセージでした。

 

親睦会

今回は初の試みで、四半期会議終了後そのまま会議室にお酒やお菓子を持ち込んでの親睦会が行われました。



昨年大好評だった「はずれなしビンゴ大会」も開催。ダイソンの掃除機やBlu-rayレコーダーなど豪華景品がたくさん用意されており、名司会おかべぇの仕切りで、今年も大盛り上がりでした。 準備をしてくれたスタッフの皆様、ありがとうございました。




 
 

歓迎会&忘年会



夜は、場所を変えて忘年会&新メンバーの歓迎会が行われました。

今回のお店は、松山市三番町にある『白椿』。地元愛媛の食材を楽しめるお店です。オーダーバイキングの食べ飲み放題コースということもあり、私の斜め前に座っていたニューカマーのI川さんが、恐ろしい勢いで運ばれてくる食べ物をたいらげていきました。アイス5つ全部食べたのは衝撃。どういう胃をしているんでしょうか…(笑)。

3カ月に一度の恒例の飲み会ですが、同じ事務所にいても普段はあまり話をしない人とゆっくり話ができたり、お酒も入って普段見れない一面がみられたりと、いつも楽しい時間を過ごせます。

 

さいごに

「走りながら考える」。今、まさに我々プライサーのあるべき姿です。
仕事のやり方も、組織も、体制も、まだまだ未熟な集団ですが、だからといって立ち止まって考えている暇や余裕はありません。スタッフ一丸となって、前に進みながら直面する問題を突破していく。もちろん辛くて大変なこともたくさんありますが、今いるこの仲間たちとなら、どんな高い壁も乗り越えていけると確信しています。
今年度も残り3カ月。みなさん、がんばっていきましょー。

スタッフ一同、今年もさらに邁進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

どいて!おばけ!